軌道自転車 動力付
往路 アシスト車両 (急行 キーコ)



軌道自転車 す羲
復路 足漕ぎ体験車両 (快速 折鶴)
運転席2・ベンチ席・小児専用席2


軌道自転車 9羲
復路 足漕ぎ体験車両 (快速 折鶴)
運転席2・ベンチ席・小児専用席3


軌道自転車 号車
復路 足漕ぎ体験車両 (快速 折鶴)
運転席2・サドル席・小児専用席3



ご乗車の方は、鶴岡公園駅きっぷ売場で往復乗車券をお買い求め下さい。

 道南トロッコ鉄道は、2014(平成26)年5月に廃止されたJR江差線(木古内−江差間)のうち、木古内町市街地の北海道新幹線高架付近から、鶴岡東出牧場付近までの約2.9劼龍茣屬寮路を使用して、トロッコ(軌道自転車)の乗車体験(概ね10歳以上は運転体験)ができる施設です。
 3/25〜26は鶴岡公園−新在分岐前間の約485mの区間で"快速 折鶴"(足漕ぎトロッコのみ)が、4/29以降は鶴岡公園−キーコの郷間の約1000mの区間で"急行キーコ"の乗車体験ができます。
 木古内町郷土資料館"いかりん館"では、鉄道資料室を開設中です。(入館無料)


 
[拡大]
 
 トロッコのりば(スタート)は、道南トロッコ鉄道鶴岡公園駅(旧渡島鶴岡駅)です。("木古内鶴岡せんろフェスタ"と同様の場所です。)路線バスの最寄停留所は、江差線代行バス(函館バス江差木古内線)の、鶴岡禅燈寺前です。木古内駅前発着で1日6往復運転されていますが、トロッコ運行中に利用できるのは、2.5往復です。
 木古内駅前より、タクシーをご利用の場合の片道料金は、870円〜です。







道南トロッコ鉄道 路線案内

 北鶴岡線"キーコの郷"行き 乗車券急行券
  (急行 キーコ 鶴岡公園⇔キーコの郷 往復)
 料金(税込み):大人700円 小児400円
※軌道自転車1両 大人2名様分の料金が必要となります。

切符はグループ単位で1枚となります。
(裏面の番号が乗車整理番号となります。)


 中鶴岡線"新在分岐前"行き 乗車券
  (快速 "折鶴" 平成鶴岡⇔新在分岐前 往復) 
料金(税込み):大人600円 ※未成年ご利用不可

  ※軌道自転車1両 大人1名様でご利用可能です。
  ※期間限定運行区間です。
  ※セルフコースに付きご自身での転車作業が必要です。

 南鶴岡線 運行休止中


[拡大]



 



 
道南トロッコ鉄道平成鶴岡駅(鶴岡公園駅隣接)より乗車して、北海道新幹線・道南いさりび鉄道木古内駅(新幹線高架)方向に向かった場合、運が良ければ北海道新幹線や貨物列車の通過に遭遇するかもしれません。列車の通過に遭遇した場合は、中鶴岡信号場に停車して、列車を見送ることができます。


 ※きっぷは北鶴岡線・中鶴岡線いずれも、道南トロッコ鉄道鶴岡公園駅(旧JR渡島鶴岡駅)でお買い求め下さい。
 ※ご利用当日のみの発売となります。

道南トロッコ鉄道の駅に、記念スタンプを設置しています。

キーコの郷駅に設置中(運行日限定)

記念スタンプは当面設置致しません

  
設置するスタンプのデザインは変更する場合があります。

中鶴岡線 平成鶴岡駅〜新在分岐前駅 (2021シーズンは、6〜10月の一部期間のみ運行)
※平成鶴岡駅は鶴岡公園駅と隣接しています
 新在分岐前駅付近 新在分岐前駅 新幹線高架と旧江差線(中鶴岡)
鶴岡公園(旧JR渡島鶴岡)駅舎 鶴岡公園(旧JR渡島鶴岡)駅ホーム  旧JR渡島鶴岡駅

北鶴岡線 鶴岡公園駅〜キーコの郷駅 (2021シーズンは、4/24〜11月初旬運行) 
※平成鶴岡は令和元年5/1より令和鶴岡に改称します
鶴岡公園駅発車(急行キーコ) 鶴岡公園駅到着(快速折鶴) 禅燈寺踏切 
北鶴岡(28.-3.26.開業)→平成鶴岡(30.-5.30.改称)→令和鶴岡(-1.-5.-1.改称)
北鶴岡信号場  東出通踏切付近  キーコの郷(折返駅))

  キーコの郷駅〜鶴の折返し駅 (2019シーズンは、運行する予定はありません) 
東出牧場  鶴の折返し駅付近 鶴の折返し駅(臨時折返駅)


いかりん館鶴岡公園を目指し、道路案内標識 Ν◆Νを参考にお越し下さい。
 
-(1)函館方面より国道228号
木古内大橋過ぎを右折(→2km)
-(2)松前方面より国道228号
木古内大橋手前を左折(←2km)
▲咼紂璽好櫂奪畔面への交差点
道道5号を直進(あと500m)

 木古内方面からは、いかりん館鶴岡公園の間の道へ左折(江差方面からは右折)して下さい。
 -(1)木古内方面より道道5号
いかりん館・鶴岡公園付近
 -(2)木古内方面より道道5号
入口案内標識(あと150m)
-(3)江差方面より道道5号
鶴岡公園・いかりん館付近 
道南トロッコ鉄道
Copyright (c)2013-2021 Hokkaido Dream Railclub